FC2ブログ

土地開発コンサルティングビジネスマンのブログ

土地開発店舗開発をサポートするビジネスマンのブログです。 このブログでは店舗開発業務に関するテーマを中心にしています。

フェンス設置

会社が購入して管理する土地に、防犯対策のためバリケー
ド看板を設置しました。
経費節約のため、ホームセンターでフェンスバリケードを8枚、
ブロックを6個、針金と鍵を買って自分でセッティングしました。
業者に頼むとしっかりとしたセッティングはできるのでしょうが
自前で設置したので多少固定に緩みはあるものの、何とかバリ
ケードらしくはなったので、それで良しとしました。
外注したら十数万円必要だったでしょうが、自前でやったので
備品台の約4万円で済みました。
今月末には工事が始まるのでフェンスも撤去しなくてはなりま
せんので、応急措置的なバリケードですから、これで上出来だ
と思います。

開発事業工程表

1000坪以上の大きな敷地の開発計画には、先ず全体の工程を掴むことが肝心です。
リーシング→予約契約→開発協議、申請、開発工事、開発検査→確認申請→工事、建築検査→オープンまでの全体の流れを工程表で把握し、いつまでに何をするかを確認しながら計画を進めます。
大店立地法の届出、生産緑地解除、農地転用、開発審査会、法定外公共物の払下げや明示等、肝心な作業項目を工程の中に反映させながら全体工程を作成します。
僕はこの工程をマスター工程と自分で読んでいますが、いわゆる基本工程と言うことです。
各工程の作業の中で、問題点や修正事項があればすぐに工程に反映させ、全体の工程を修正していくようにしています。
僕は幸い、ゼネコンにも在職していたので、申請関係から工事まで概ねの要領が解りますから、工程表を作るのにさほど苦労はありません。



大店立地法

生産緑地解除

地主さんから奥さん名義の生産緑地を解除してほしいと依頼があり、早速手続きに入りました。
役所の担当部署へ行き、まずは事前相談を行い生産緑地の土地状況を説明し、解除の手順、必要書類等を聞きます。
その後、農業委員会にて農業従事者に関する証明の手続を聞きました。
ただ、僕は前にも解除手続をやっているので段取りは概ね解っております。
農業委員会の窓口のテーブルには、農地転用は資格にないものが継続して報酬を得て行うと行政書士法に違反します、というような掲示がありましたが、僕は無償でたまたまこの物件を任されただけです。たかだか生産緑地解除や農地転用の手続に5万円10万円を掛けることもないと思います。
そして、先週末、市が買取しないとの通知が地主さんに届き、あとは2ケ月したら制限解除となります。

塗装工事中

今週から管理する店舗の外壁補修工事を施工しています。
私が請け負ってやってるのではなく、テナントから漏水のクレームがあったので、原因を調べてもらい改修してもらうことにしました。
以前からかなり酷い雨漏れで、激しい雨の日はボタボタと漏水するほどの酷さでした。それでも我慢してテナントは利用してくれてましたが、少し前の集中豪雨で今まで以上の漏水があり、テナントから改修工事の切なる依頼があり、家主様の承諾を得て実施したのです。
壁面の面積も200坪を超えるので、足場の費用を含め工事金額も結構かかります。今までほぼメンテナンスをしてこなかったツケが今来たとも言えます。
とにかく、雨漏れ被害がないよう、きちんとした仕事をお願いしています。

困った年寄り

会社が昨年買った土地の隣地の所有者が、境界のピンの位置がおかしいと文句を言ってきました。
ちなみに、ピンの位置は正確で、地積測量図通りですから、間違いはないのですが、昔、大阪府がこの辺りの用地を借りていた時に隣地の地主に渡した明け渡し図がちょっといい加減だったせいで、今、隣地の地主がこちらに文句を言ってきています。
なんせこの地主はお年寄りで頑固な変わり者らしく、地元でも何かと問題を起こす人とのことです。
某市の土地を買ったのですが、市の担当もきちんと調査士に境界を確認して測量しており、また一度は筆界確認書にも捺印しており、手続でも問題はないのですが、後で昔の書類が出てきたと話をややこしくしてきたのです。

とにかく、地元でも有名な偏屈者のようで、余計な仕事に巻き込まれたもんだと苦慮しています。