スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築企画営業

テナントリーシングをしていると、建築や内装工事に関わることも良くあります。居抜では少ないのですが、新築のリースバック物件などの場合はオーナーが何も段取が解らないので、建築の総合的な工程などの管理をすることがあります。
逆に、リーシングとは関係無く工事について相談を受けることもたまにあります。田畑を造成したいけれどどうしたら良いか?とか、今度マンションの改修をしようと思うけれども、どう進めたら良いか?とか、店舗をリニュアルするのにどこか良い内装工事会社を紹介してくれないか?とか、いろんなパターンで相談を受けます。
私の場合、エリア毎にそんな工事や設計に対応してくれる工事会社を決めています。施工精度に問題が無いかとか資金繰りの安全性は確かかとか、メンテやクレームに迅速かつ誠実に対応できるかなど、オーナーが対して安心して工事を任せられる工事会社の紹介をさせていただいています。
本来リーシングは契約が済めば一旦業務のほとんどが完了したと言えますが、建築企画をすると、オープンまでいろんな調整事を進めていかなければいけません。実際に工事を施工するのは工事会社ですから、工事会社とオーナーとで協議していってくれれば良いのですが、工事会社の施工管理や工程管理状況を建築の事を判らないオーナーに説明したり、チェックしたりしなければいけません。工事会社にそこを一方的に任せていると伝えるべき問題が隠蔽されたりもします。追加工事や見積書が妥当なものなのかどうかの判断もして上げなくてはいけません。
最近も1件、改装工事の業者紹介を依頼され、無事そこが受注できました。設計打ち合わせにも同行し、工事区分やコスト、工程について協議し、テナントの要望に沿った工事計画書の作成に協力してきました。
私の場合、本当の業務はこちらの方なのですが、どうも最近リーシングの方に偏りがちで、建築に関する業務を行うと何故かホッとするのです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。