スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

即決和解

建物賃貸借契約を締結するに付いて、まれに即決和解の手続を併せて要求されるオーナーさんがいます。
例えば、契約書に違反がありテナントに退居を強制する場合や退去期限を守らず居座るテナントなどを法的に追い出すために、将来的なリスクをヘッジするため手続をとることがほとんどです。
即決和解は本来和解事案があって、当事者が簡易裁判所で裁判所立会いの下、和解するものですが、建物賃貸借契約で将来発生する可能性がある争いの事案について、事前に事件を想定し和解条項を作成し、当事者で先に合意しておき、先に債務名義を確保しておくと言うことが目的となります。
本来、契約締結時はオーナーとテナントとの間には信頼関係を持って契約当事者となりますが、時間の経過とともにテナントの営業状況や会社状況が変化し、またオーナーも代変わりしたりして、将来いつ何時どんなトラブルに巻き込まれるか解りません。そう言う意味で、契約書で取決めした内容が守られることを担保するものが必要とも言えます。
弁護士に委託するのが多いので費用も掛かりますから、めったに即決和解までするオーナーはいませんし、テナントも即決和解手続をすんなりと受け入れるところも多くはないと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。