スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契約書にない費用の発生

契約締結時には予想していなかった費用が発生することがあります。
例えば、町内会費であったり地元への祭事の協賛金であったり、商店会の入会金や会費、販促費などもあります。
ある程度、建物賃貸借契約の際にはどんな費用が発生するかオーナーからヒアリングし、契約書の中に負担をどうするか条文化するのですが、オーナーが忘れていたり、前テナントが自主的に負担していて気付かなかったと言う場合もあります。
そう言った費用は協議して負担を決めるのですが、基本的には建物の所有に関する費用はオーナー、営業に関する費用はテナントと区別します。
しかしながら、町会費などの場合、その支払いの根拠が明確でなく、町内に住んでいる人への負担と言うこと出れば、オーナー・テナントどちらでも解釈できるものと思えます。
商店会関係費は当然営業に関するものですからテナント負担と言えますが、テナントが商店会に入会したくないと言えば、場合によってはオーナーが代わりに負担することもまれにあります。
下水道が新しく完備し共用を開始する場合、敷地への引き込み負担金はオーナーとなり、使用時の下水道料金はテナント負担となります。
ただし、以前1度経験した調整事項があるのですが、敷地に水道の引き込みを新たにしようとした時、土地を利用するのが飲食店であっため、口径の大きい管の引き込みをする必要があり、オーナーから通常引き込む管径より大きいものを引き込むのだから、差額をテナントに負担してほしいとの要望がでたことがありました。
店舗がオープンするまではいろんな予期しない負担事項が出てくることがあります。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。