スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃貸借契約からオープンまで

普通、リーシングや不動産業者の場合、建物の賃貸借契約が終われば、自らの業務は全て完了したと言う感じで、あれだけ毎日のように掛かってきた電話が一気に掛かってこなくなります。
不動産の契約までが業務範囲と思っているのでしょうが、契約後にもいろいろと協議事項や調整事項があるにも拘らず、後はテナントと家主で協議しておいてと言う感じの業者が如何に多いことでしょう。
残務をこちらに振ってくる業者も少なくありません。
私の場合は、業務の範囲は店舗がオープンするまでと決めているので、きちんとプランを家主に書面で届けているかとか、契約書にない未確認事項が問題になってないかとか、いろんな面でフォローするよう気を配っています。
工事が始まると実際のところほとんど作業はなくなるのですが、テナントの内装設計の中で、契約書上きちんと協議しておくべき変更事項があったりするので、工程や工事内容のチェックはできるだけするようにしています。とりわけ、オープン日が家賃起算日の契約は、早めにオープン日を確定し、日割家賃の請求もしなくてはいけません。
同業者の中にはコンサルフィーや仲介料をもらえば、ハイそれまでよと言う人も多々居ます。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。