スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家賃ネゴ

関西地区においては、物件案内書に家賃を記載していてもその通りに決まることはまれです。
好立地・人気物件なら額面通り以上できまるのでそんなことはないのですが、まずほとんど家賃にネゴが掛かります。
よく言われる質問が、「いくらぐらいなら家主はオッケーするの?」と言う質問です。家主さんから最低限必要な家賃を聞いている時は、それとなくそれに近い金額で答えますが、家主さんからも「とりあえずテナントから条件出してみて」と言われている物件は答えに困ります。
希望価格通りで契約するのは損してる感覚が関西の感覚のようです。
物件案内に記載してある家賃はあくまで家主の希望で、交渉の余地があるに違いないと言うのがテナントの考え方です。
特に中小テナント・個人のテナントさんのオーナーは細かく家賃をネゴしてくることが多いです。
出店希望が競合するテナントが他にあればネゴしてては手遅れになりかねません。関東系のテナント企業の場合はあまりネゴされることがないので、取りあえず値切ってみるというのは関西の伝統的商慣習なのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。