スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空調機器の引継ぎ

居抜店舗物件の場合、よく空調機器がそのまま残されている場合があります。
退店する側からすれば、「空調機器を外していくと次のテナントが不便だろうから残していきます。」と言う理屈です。
実際のところは、空調機器を撤去処分ないし移設するのにお金が掛かるから都合の良い方便で残置していくのが本音だと思います。空調機器はデリケートなので、下手に移動や移設で調子が悪くなることがよくあります。移設した空調機器はその動作にあまり信用がおけないと思っておいた方が賢いのです。
「まだ5年ぐらいしか使用していないから大丈夫でしょう。」と言われることがありますが、空調機は5年を境目として交換ないしオーバーホールを考えなければいけない時期の始まりとも言えます。
コンビニなど24時間営業の店舗や飲食店の場合はどうしても稼動時間が長かったり、排気排煙の問題で空調機の傷みや劣化がひどくなります。
1日10時間しかオンしない空調機と24時間使いっぱなしの空調機とでは、耐用年数がまったく違ってくるのです。
居抜店舗を空調機ごと引き継いだら、すぐに空調機にトラブルが発生したなんてことも少なくありません。また、空調機を使用せず止めたままにしている期間が長くなっても、機器に不具合が発生することもあります。機器は定期的に稼動させておくのが安全です。

スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。