スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駐車場の運用

車の多い商圏での店舗駐車場は、よくお客さん以外の人の車が勝手に止めて無断使用していることがあります。
特に、駅前の店舗などでは店内は空いているのに、何故か駐車場は一杯なんて事態も少なくありません。
そう言うわけで、時間貸の駐車場のシステムを導入して無断駐車を防止する店舗も大分増えてきました。
逆に郊外の大型の商業施設などは、何故か必要以上に駐車台数を確保していると思わざるを得ないところがあります。大店立地法の届出に必要な台数は十分確保されている場合、使用頻度のほとんどない駐車場は有効に利用した方が良いんじゃないかなといつも思います。
たまに、車の休憩で使用させてもらってる大型SCはいくつもの駐車区画を持ち、その内良くお客さんの車が出入りするのは、約半分です。
店舗から離れた駐車スペースは、店舗まで距離があるので誰も止めません。止めているのは何の関係もない人や納入業者が休憩に止めているとかSCの従業員ぐらいのものです。でも、この駐車場は大きな道路には面していて使い勝手は良いと思うのですが。。
駐車場はお客さんのサービス的なもので、駐車場自体は直接は収益を生みません。逆に経費が掛かり駐車場の有効回転率の低いSCでは、経費負担が大きなものとなってきます。
大型の施設はあまりこういった無駄の対策はしていません。駐車場は必要十分に設置すべきと考えているようで、いじることをタブー視しているように思います。
イオンSCは別にしても、その他の中~大手スーパーをアンカーテナントにしたSCやホームセンターをアンカーにしたSCの場合、ちょっと駐車場がもったいないなと思うときがあります。
大店立地法の届出台数を減少させることは手続きも面倒ですし、近隣からも文句が出るでしょう。そんな対応が面倒くさいんだと思いますが、SCの収益性を改善するためには駐車場を上手く運用することは、将来的には検討していかなければいけないものと思います。
これからは人口も車も減っていきます。いずれ大型のSC間で競争が今以上に激化すると思います。その為には最適な駐車台数を何台に設定するかが大事で、無駄に多い駐車場はリストラしていく必要があると思います。
一部のSCを除いて、今から20年ほど前のように、駐車場がたくさんあれば売上が比例して上がる時代はもう終わりだと思います。これからは最適な駐車台数は何台であるかを把握し、あまったものは有効に利用していく手法を考えるべきでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。