スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客様の事故

店舗のお客様が店舗の設備に損害を及ぼした時はお店側で対処してもらうことになります。
お店の店舗管理の一つとして契約書にもそういう記載がされているものです。

そんなお客様の中にはたちの悪い人も少なくありません。
施設に損害を与えておきながら、お店のせいにして逆に修理代を請求してくるようなモンスターも結構います。
お店の人は立場が弱いのかあまりお客には強いことは言わず、またあまり事を大きくしたがらない傾向があります。

先般、あるお店の駐車場でお客さんの車が建物設備に接触し、損傷がありました。
お店から急遽電話があって、事故の内容を説明してくれ、かつお客さんも正直に名刺を置いて行ったそうです。
そのまま帰れば判らないのに、正直に接触を報告して行ったそうです。

店長は私に損傷箇所を直すべきか、また前からそうなっていなかったのか現場確認して欲しいと言うのです。
翌日一応確認に行くと、駐車場ポールが傾いていました
でも、そもそも以前から何度も車に当たって傾いてた形跡もあり、今回の接触でどれだけ酷くなったのかさっぱりわからない状況でした。事故前の写真もなかったし、急遽修理しなくてはいけないほどひどい傾きではないので、お店で判断してくださいと店任せにしました。
ただ再度当たると余計傾くので、アタリ止めを設置しておいてくださいとはお願いしておきました。

お客さんの車のトラブルはお店の責任で判断してもらって構いません。
今回は家主の設備に損害があったので店長も気を利かせてくれたのでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。