スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市街化調整区域の物件のリーシング

市街化調整区域内の土地や建物のリーシングをすることがあります。
調整区域の場合、店舗を建てるには制限が強く、一般に沿道サービス業種のもののみ建てることができることがほとんどです。(公共施設や医療、福祉系は可能です。)
飲食店だとか行政によってはコンビニ程度のものしか無理で、物販はまず不可能です。おまけに、調整区域の場合下水設備が整備されていないことが多く、飲食店が出店する場合浄化槽を敷設しなければならず、これがイニシャルコストを押し上げてしまい、結局は出店できない結果となる場合は多々あります。
調整区域といっても、すぐ近くまで市街化区域エリアになっている物件もあり、そういった場合は地主さんも割りと高い地代を希望されていてなかなか話がまとまらない物件もあります。
テナントとしては調整区域なので負担する税金も安いはずですから、当然地代も下がってくるものとして条件設定するのですが、地主さんは市街化、市街化調整に関係なく、近隣の相場を希望されることがあります。
結果的に調整区域の物件をリーシングするのは、制約が多いので思った以上に手こずるのです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。