スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売買不動産屋のやり方

売買専門の不動産屋の中には、商業施設の土地開発なんてできないだろと思えてしまう業者が多いように思います。

例えば、今扱おうかなと思ってる土地ですが、ある不動産屋が大きな売り看板を上げてお客探しをしています。
マンションには向かず、倉庫にもできず、店舗なら何かできそうな雰囲気なのでちょっと案を考えてみようかなと思い役所に開発が本当に可能なのかを調べに行ったのです。

役所で聞くと、開発をかけるにはまず計画書を持って来てもらって事前相談から始めてくださいとのことでした。
どんな用途で利用し、どんな建物がどんな規模で建てたいのか、計画概要を見てからでないと判断されないのです。
これは当然のことで、役所も何もなしでは具体的な許可に関する話もできないでしょうしね。

商業施設をやってきた不動産屋なら、どんな建物ができてどれぐらいの駐車場が取れるかぐらいプラニングしてみるものですが、売買専門のこの業者はそういうことはしないで、どこか買ってくれる人いないかな程度で漫然と看板をあげているのです。今回の土地は住宅には不向きですし考えられるのはロードサイド店舗しかないでしょう。
それならどんな建物ができるか、仲介業者として知っておくべき情報だと思うのですが、そう言う配慮はしてないようです。
宅造許可が下りているからなんでも出来ると思ってるようですが、宅造許可と開発許可は全く別勘定ですから安心していてはいけません。

最初、この不動産業者の営業に 「この土地って店舗建てれるんでしょうか?」 と聞いたら、

「大丈夫でっしゃろ。造成も許可もらって検査も受けてるって聞いてまっさかい。」 と言ってました。

そんなええ加減な事でよくもまあ管理してると言ってるなと呆れました。

大きな看板をあげて専任というなら、もっと物件の隅々まで理解しておくべきですね。
解らん事があったら何でも聞いてやと言えるぐらいね。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。