FC2ブログ

土地開発コンサルティングビジネスマンのブログ

土地開発店舗開発をサポートするビジネスマンのブログです。 このブログでは店舗開発業務に関するテーマを中心にしています。

内装工事営業

リーシングをしていると内装工事の会社の方とお会いすることがあります。
お客さんであるテナント企業から依頼されている物件情報を業者から入手して持ち込み、特命で内装工事をもらあう営業をされています。

先般、リーシングした店舗があってそこの工事がありました。結構金額が張る工事でした。
元々この工事への見積合せに参加してもらうべくよく知る工務店を紹介するつもりでしたが、本来内装業ではなく建築会社なのでコスト的な競争力に難アリかな思って今回は紹介をしませんでした。
もしその代わり内装工事に手馴れた会社があれば紹介できたなと思いつつ、内装工事会社ってどこを向いて仕事をしているんだろうと思ったのです。
多くはテナントから工事をもらうのでテナントを向いていますが、会社にアプローチするやり方以外に、個別の工事物件でアプローチすればいいのにとも思ったわけです。
私も過去には内装の営業をしてたこともありその時はテナントに営業を掛けると同時にリーシング業者にも声かけしていました。店舗の内装をするなら店舗の出店物件を扱う商社にアプローチすればと思ってその比率を上げました。業者はあまり内装工事には感知しませんし、最初から内装業者が決まっているテナントもあります。
しかし、テナントが決まったからと言ってテナント発注の工事だけではないですし、家主負担の工事(例えば引渡し前のメンテナンス工事)もあります。家主発注の工事はやって損することはまず無いでしょう。
家主さんの工事をするのでと言うことでテナント発注の内装工事への参加もできる可能性がありますし、今後のことも含めた業者紹介ということもできるわけです。
でも内装工事業者の場合は、こういうターゲットに向けて営業している人は少ないんじゃないかなと思います。また、一度面談して後は全く音沙汰なしと言う内装工事担当も多く、それでは物件情報も継続して出せませんよね。
「何か案件があったら紹介してください。」と依頼があって面談して会社の内容や手持ちのニーズをお聞きした会社もありましたが、1度会った切りで以後何の音沙汰もありません。
テナント企業でもなかなか情報は出せないのに、ここ探してますとか定期的にメールをくれて常に情報募集の意思表示をしている会社があるのですから、内装工事会社はもっとコミュニケーションを取るべきと思うんですけどね。ゼネコンでも結構しつこく営業をかけて情報源に食い込むのですから、内装工事会社ももっといろんな業者にアプローチして名前を覚えてもらう営業をすべきと思うんですけどね。

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する