スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームページとブログ

この間、同業のA氏と話してる時にこんな話をしてました。

A氏「仕事の幅を広げるためにホームページで営業できるようにしたいなと思ってるんやけどどう思う?」

と聞いてきたので、

私は、「ホームページで仕事するのも簡単じゃないと思うし、根気が必要だと思いますけどね。」

と答えました。

以前からよくこういう話は聞くのですが、

僕は「ホームページって作るのは簡単です。ビルダーでも使えば簡単です。」と言ってます。私も簡単に作れましたから。(但し、デザインやスタイルはど素人仕様ですが・・・。)

「じゃあ、ホームページってどうやって公開するかしってますか?」って聞くと、A氏は「知らない。」と言います。

「手順を簡単に教えてよ。」って言うので、

「それは例えばeo光を契約してるならホームページ用のサーバーがあるのでそこにホームページのデータを転送しておけば一応ホームページは公開できるってことになりますよ。NIFTYにもOCNにもほとんどのプロバイダーにあります。」と説明し、

「基本的にはそれで公開は出来るということですが、それだけでは全く誰も見ませんし検索してもヒットしません。」と言うと、「何で?」って聞いてきます。

そう言えばホームページを作ろう的な書物やマニュアル書でもこのサーバーに転送することまでは詳しく書いてますが、以後の本当にホームページを周知してもらうのに必要なやり方って書いてないですね。

A氏は「自分のホームページをYAHOOで検索してもないのか?」って聞くので、

はっきり、「ありません。」ときっぱり答えました。

続けて、「多分、そのデータを送ったプロバイダーの検索で引っかかるかどうか程度です。YAHOOやMSNで検索されるには手続きが必要です。内容の審査もありますしね。」と言うと、既にホームページへの意欲は低下していました。

A氏は「じゃあ、プロに任せてホームページ作成やデータ送り、YAHOOとかへの手続きもしてもらえばできるんやね?」って言うので、
「プロの人ならかっこ良いデザインのホームページができるし、公開手続きもやってくれるし、ヒットしやすいようなキーワード設定もしてくれるし楽で良いですよ。その代わりお金も掛かりますのでそれで良ければですけど・・・。」と答えるとやっぱりお金が掛かるか・・・とさらに意気消沈します。

「プロの人って結局は作成したホームページのメンテナンスで稼ぎたいと思うので、毎月費用も掛かってくると思いますよ。それといくらかっこ良いホームページになっても、コンテンツが少なすぎたり、内容が無いと全くダメですよ。それと基本的にプロに作ってもらうと自分で勝手にデザインを変えたり、構成を変えたり、写真を入れ替えたりできないですよ。」と言うと、
「ちょっと勉強してみて考えるわ。」と言ってました。

そうなんです、ネットが隆盛の時代なので営業のツールとしてホームページを作成して情報やお客さんを集めようと考える人は多いでしょう。簡単にホームページが作れると書いた書籍も多いですしね。
しかし、作るのは簡単でも公開して見てもらうのは簡単ではありません。相当難しいです。
HP作成までは見よう見まねでやってみたものの結局素人のやり方では誰も見てくれないと思った人が多いのではないでしょうか。挫折してやめたって人も多いものです。

プロはどうすれば検索に掛かりやすいか、検索ワードの中で最初の方にヒットする持って行き方をノウハウとしてしってますが、私らのようなど素人には全く解りません。
私も最初はどうやったらいいのかさっぱり解らず、かと言って誰も周りに知る者もいず、だからといって外注する気はなく、HPって面倒くさいなと思ってたのです。

ブログを3つやってるのは検索されやすいと聞いたのが取っ掛かりです。今でこそブログは誰もがやってる手軽なものでしたが、今から8年ほど前はまだこれからって時でした。私が仕事用にブログを始めたのがLIVEDOORのブログで2005年の2月から始めてます。このFC2で2007年1月から、アメーバで2008年1月です。検索されやすいブログを見てもらってそこからHPもついでに見てもらうというやり方にしました。
仕事以外のブログは2004年から既にやってましたので私自身はブログに違和感は既にありませんでしたしね。

そもそもHPやブログで仕事を取ることを最優先してたのではなく、リーシングってどういうものか、私がどんな仕事をしてるのかってことを知ってもらおうと思ってやり始めたので、HPやブログに物件情報を掲載するつもりはあまりないわけです。当初のHPでは物件情報を載せて更新していたのですが、情報を載せるよりどういう仕事をしてるのか周知してもらって、あわよくば何か情報依頼や相談をしてもらえればと思ったのです。

それとテナントは出店はお手の物でしょうから情報の入手口も広いでしょうし店舗開発の実務は慣れているでしょう。ですから私はそう言うのに慣れてないどちらかと言うと貸主側の情報をメインに聞けたらなと思ってやり始めたのが本音です。オープン写真を掲載して、それを見た貸主が自分もこういう風にテナントに貸せればいいなと思って相談でもしてくれれば有難いなと思ったのが始まりです。
貸主側からのHPからのアプローチでオープンできたお店も多いですが、テナントからの依頼に基づいて提案した情報でオープンしたお店も多々あります。

それと今まで貸主側のアプローチで成約率が高いパターンがあります。
それは、「こんな物件ありますので何かテナントがあったら紹介ください。」とメールやファックスだけで済ませるのではなく、「こんな物件があるので1度見てもらって会って資料を渡すので話を聞きたい。」と言われる貸主の方が成約率が高いのです。
会うことで貸主の希望をより具体的に聞けることもありますし、アポすることで必ず物件見学が付いてくること、条件的な交渉の余地や会ってこそ聞ける物件への質疑の他、やっぱり直接話されて依頼されたというプレッシャーが大きいんだと思います。
実際会って話すと物件自体を何とかしなきゃと言う前向きな気持ちが出るのです。また直接話してるのでいろんな質疑や問い合わせもし易くなります。
HP経由とは言え基本は会ってみて話して相手を見るってことは必要ですね。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。