スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産情報のネット事情

ネット販売の比率が益々増加していく中、不動産においてもネットによる営業が中心になっています。
特に賃貸住宅の仲介などは以前なら駅前の不動産屋に飛び込んでたのが、今では先にパソコンで物件情報を見てから不動産屋に訪問すると言うパターンが主流になりました。

店舗不動産においては不動産業者のホームページや不動産専門サイトがオンラインで情報公開する物件は多々見れますが、良い物件と言うのはオンラインしないので世に出ても差し支えない程度の物件がほとんどです。
まだ営業中で大っぴらに公表できないような物件はネットではほぼ出ないのです。

もしネットでの店舗物件情報公開を主体にしたいなら不動産情報と言うのは日々動くので情報更新をほぼ毎日しなくてはいけません。古い情報は常にメンテナンスする必要もあります。
また、良い情報を載せるためには守秘の必要があるので具体的な情報は書けないでしょう。他の業者がそれに気づいて横取りすることもありますしね。実際こういう載せ方をすると信ぴょう性が薄れるためさほど興味を持たれることもなくなると思います。

店舗不動産というのは専門業者が独自ルートで情報を持って動くことが多いので、ネットで情報を掲載して運用するのは結構難しいものです。ただし未だにネットで情報を送信して仕事につなげているという会社は何社かしか知りませんので、そういうシステムで、どう言う風に情報を集めるかを上手くやっていけば結構商売になるかもしれません。
その条件として、如何に良い情報を如何に多く掲載するかと言うことが大事だと思います。
多くの情報を掲載するという事は自社だけではできないでしょうから、協力業者も必要となってきます。
サイトに引き込むために多くの情報を載せるために協力業者の情報を載せる訳ですが、よくあるのが自社のサイトに情報を乗せるのにサイト料を徴収するところがあります。本来、情報を提供してサイトの情報量を増やして協力しているはずですが、逆に情報掲載料を取るわけです。当然お金をとって情報を掲載するならそれなりのアクセス数やテナント各社への告知もしなくてはいけません。もしそういうサイトにお金を払って情報を載せたいならサイトの運用状況をよく調べてみることです。
また、協力業者も自分でまとめてしまいたい良い物件はサイトには載せないでしょうから、結局はそんなに良い情報は多く集まらなくなるのが現実です。
とどのつまり情報量を確保するため、事務所や倉庫や住宅にまで範囲が広がり、普通の不動産屋のサイトと変わらないものになってしまうのが大方の流れです。

良い店舗の情報と言うのは集めるのが難しいのです。
ですからネット化して業務の幅を広げられそうでそれがなかなか難しいのが店舗の不動産業界ではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 不動産
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。