スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事の清算

リーシングしたテナントがオープンすると正式に業務は終了したと言えますが、完全に終了したと言えるにはなにがしかの残務を終える必要があることああります。
オープンしたから一安心と後は知りませんではいけません。

例えば、

建物の増改築、設備変更、用途変更をした場合は工事後の図面の交付を受けるとか、申請書を受け取るとか、各種届出書面を受け取ることがあげられます。
確認申請関係で行政に提出した場合、申請者が家主さんなら家主さんに本書を渡す必要がありますし、テナントの申請なら防災や設備に関する図書の写しを家主さんに渡しておくべきでしょう。将来テナントが入れ替わった時前テナントの消防の届出書類を見たいと言われることがありますから、残しておくと後々役に立ちます。
契約時に改装工事用に預けた確認申請図書や竣工図も返却してもらわないといけません。これを忘れてて後で図面はどこいったとなっても判らなくなってしまってるでしょう。当然用途変更があった時も同様です。
設計事務所は結構いい加減なところが多いので黙っていても返しませんから、こちらから返してくれるよう言わないといけません。

居抜き物件の場合はあまり残務処理は多くないですが、新築の場合は何かと書類があって家主さんに返す図書も多くなります。
建物の検査関係の書類や竣工図面関係はまとめるのに時間が掛かりますから忘れないようにしましょう


スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。