スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンサルフィーの支払基準

店舗物件の契約が決まるとコンサル業務の仕事が全て終ったわけではありません。コンサルフィーの支払いを受けて初めて一段落と言うことになります。フィーの基準は物件毎にまちまちですが、支払基準はある程度決めさせていただいてます。基本的には予約契約時に半分、本契約時に残金ですが、相手先企業によってはオープン時になることがあります。新築案件ならオープン日でも構わないですが、中には自社の支払基準を盾に締め日と支払日を大幅に遅らせる企業もあり、こう言った取引先は一番困ります。その意味でも当初に覚書などで支払基準をきちんと取り決めしておくことが肝心です。不動産コンサル業務では基本的にコンサル契約を結ぶ必要があるので、その中で支払基準は明確にしておくべきです。フィーの支払を延ばして来る取引先にはくれぐれも注意要なのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。