スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元挨拶

店舗を出店する場合、地元の自治会などへの挨拶のパターンにいくつかあります。

それは、

■ 工事をすることで地元に何か影響があるため事前に挨拶を行う場合

新築の場合、更地に建物を建てるわけですから建築用の資材の搬入も多くなり、トラックやダンプカー他重機やコンクリート車等の通行による交通障害も考えられるので、地元へ工程や安全対策などの説明をしておく必要があります。万一、事故で地元住民に迷惑をかけたなんてことがあったら反対運動にもなりかねませんからね。
それと、隣接地に対しての騒音、振動、店舗の煙や臭い、お客さんの車の問題など発生する可能性がありますから、特に隣接地には工事計画を十分説明して要望事項を聞く姿勢も必要となることがあります。


■ 店舗が新たに出店することで地元に何か影響があるためテナントとしての挨拶を行う場合

店舗が出店することで近隣に自転車や車の往来が増えることが予想されます。特にオープン時はお客さんが集中しますから近隣の土地や建物に勝手に駐輪や駐車をしないとは限りません。
そのためにもし万一不都合があった時、挨拶もなかったと言われても困るでしょう。そう言う意味で足を運んでおくことは多少なりとも印象はよくなります。
店舗は地域の人たちや他のお店と共存共栄することが大事ですし、新参者である以上地域へ挨拶することは常識でしょう。

店舗が出店することは開発申請の時から地元に注目されます。
あの土地に何ができるのか、どんなお店になるのか、どれぐらい人が集まるのか、どんな影響があるのか等、地域の人らは表立って声に出さなくても気にしているものです。
そんな所に地元挨拶もいい加減に勝手にことを進め過ぎては地域から不安を抱かれるでしょう。

必要以上のことを地域に知らせる必要はありませんが、地域に影響することで商売の機密に関わらないことはやはり事前に説明すべきでしょうし、こちらから能動的にしなくても聞かれたら答えるというスタンスは必要かと思います。
工事の時点からテナントの姿勢というものが試されてるといっても良いでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。