スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信頼していただくこととは

家主さんであれテナントであれ、信頼を得ることは仕事の上で1番大事な要件ですが、信頼ってどんなものなんでしょう。

例としてあげれば

■ 専任で客付けを任される

■ 他から話があっても必ずこちらを通してくれる

■ 仕事が完了していないのに先にフィーを支払ってくれる

などなど。他にも信頼いただいてるなって感じることがありますが、感覚的なこともあります。



信頼いただくことは逆に責任が重くなってきます。

もし専任で、「おたくだけに任せるので他には頼みませんよ」と言われると、プレッシャーが掛かってきます。

気をつけるべきは良いことばかり言わないことです。

これができます、あれができます、必ずできます、私ならできますなどと言って言葉だけで信用させて、蓋を開ければ何もできず、言い訳ばかりする業者も結構多いものです。

主導権を握りたいがために空威張りしたものの、結局力足らずで期待を裏切ったなんてこと多いですから。

特にリーシングの場合は、物販が得意とか飲食が得意とか言っててもそうは簡単に決まりません。

私はタイミングが成約の鍵だと思っているので、例えばあるテナントから物件情報の依頼を得けていて、たまたま家主からもらった情報が条件に合っていてすんなり決まったとしても、それはたまたまのことであって本当の実力だとは思いません。
テナントのニーズと物件情報とがタイムリーに合えば別に得意業種でなくても決まるので、いかにテナントと物件の情報を多く持ってどうアレンジしていくかが肝心です。
必ずしもアレンジが全て上手くいくとは限りませんが、このアレンジできる回数が多いほど成約の確率も高くなり、この成約率の高さがテナントや家主さんへの信頼の1歩となるものと思います。

それと信頼を得る件で大事なことですが、

「報告をきちんとすること」

を面倒くさがってはいけません。

些細なことでも電話なり、ファックスなりメールなりで報告しておくことは肝心です。

これぐらい今度会った時話せば良いかとか、あまり言いたくな話なので黙っておこうとかしてると言いそびれて後で言いづらくなったとかいう事がおきます。

言っておいた方がいいかもと思ったら間をおかず言い、あまり言いたくないことはその解決案も併せて提案できるよう考えて言えばいいのです。

1番信頼されないのは、期限を守れない、連絡がいい加減だ、嘘ばかり言ってる、人任せにしてる等誠意にない人です。

信頼が即仕事につながるわけではありませんが、チャンスは広がります。

自分が家主なら、自分が開発担当ならと立場を置き換えて物事を考えて行動するようにしなければいけませんね。

すると今度は、信頼できない家主、テナントが見えてくるようになります。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。