スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競争激化とコストカット

昨日のバス事故で思うことは、眠気はどうしようもないと言うことです。

私も自分で運転していて強烈な眠気がやってきた時、

「これはどうしたものか・・・ヤバい・・・」

と思ったことが何度もあります。

マスコミは運転手の健康管理がどうのこうの、運行管理が適切にされていたかどうかを散々放送で流していますが、よく睡眠を取っていても眠気はやってきますし、単調な高速道路の運転は注意力を散漫にさせます。

特に深夜運航のバスは運転手の睡眠のバランスが崩れやすく、どうしても明け方と言うのは眠気がやってくるものです。

あのバス会社は安いと雑誌やネットで評判になり人気があったとしても、その裏側には競争激化と経費削減のコストカットで何とかやりくりしている会社の姿があるものです。
価格を下げることはその分お客様の回転を上げると同時に運行に掛かるコストを下げなくてはいけません。
長距離でも1人で運転しなければならないし、運行時刻のダイヤに拘束され下手に休憩を取って到着時刻に遅れが出ることもいけないのでしょう。

本来、500キロ以上を運転するのに2人は運転手がいてもおかしくありません。特に夜中から朝方にかけての運転では。
でも、2人乗員を付けるとコストが上がり料金を上げざるを得ず、他社に負けてしまうと言うことになってしまいます。
消費者もまさか事故が自分に起きるはずがないと思ってとにかく安いバスをと選定するのも当然です。
自由化がもたらした1つの弊害かもしれません。参入が増えたことで競争が激化したのですから。

きっと私もまさか自分がと思い、安いバス会社を選ぶでしょう。安かろう悪かろうではなく、わざわざ安いバスがあるのに高いバスを選ぶ理由がないからです。そしてなにより高い安いの違いがサービスに見えにくいことも安いに越したことは無いという理由につながっているのではないかと思っています。

先頃の京都祇園の事故や亀岡市の事故から今回の自動車へと理不尽な事故が続いています。
どれも運転手が原因の事故ばかりです。
いくら道路交通法を改正しても、車の安全性を高めても結局は運転手が事故の無い運転ができるかと言うことです。亀岡の事故なんて無免許で運転してるんですから、根本的に運転してはいけない奴がしてるんですからどう解決すべきなのか解らないですよね。

会社がいくら管理してもちょっとした不注意、居眠りは回避できないものです。
ならば、注意が散漫になってきた、眠気が強くなってきたと運転手が自分で判断できる内に、その危険の原因を回避できる運転のマニュアルをもう少し整備していくことが必要でしょうね。

楽しみにしていたディズ二ーランドへの道中の事故は被害者にとってどう表現して良いか解らない無念さがあるでしょう。またこの事故で多くの人々が大渋滞に巻き込まれ、別の意味で楽しみを奪われた方も多いのではないでしょうか。

この事故と同じ路線のバスの出発が今日もありました。マスコミはテレビで運行停止は考えなかったのですかと嫌味を言っていました。
そんな簡単に運行停止できないでしょ。キャンセルは多かったと思いますが、それでもこのバスを利用してディズ二ーランドに行きたい旅行者は多いはずで、こういうお客さんのために注意を一層高めて運ぶのもまた運行会社の務めです。
こういう事故が起きないよう運行の管理をどうするか各社他人事にせず考えてほしいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。