スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契約引継ぎの条件

居抜店舗の契約を引き継ぐ場合、ほとんど原契約の家賃より低い価格で交渉します。関西では、元々この条件だったのでと説明してもほぼ確実に後継テナント候補は家賃を値切ってきます。
その理由は、関西の気質である言い値で物を買ったり借りたりするのが嫌だとか、既に出来上がってる店舗を貸すのに何の投資も要らないのだから家賃を下げてほしいとか、合理的でない理由で条件付けをするテナントはたくさんあります。
物件案内で記載した条件はあくまでオーナーの希望条件だから、値切り代を見込んでるだろうとか、しばらく空きのままだから値交は可能だろうとかいろんな思惑があります。
しかしながら、立地の良い物件の場合は早く決めたいので値交なしに、言い値で決定することも少なくありません。逆に取合いになると家賃が上がったりすることさえあります。
立地の良い物件は家賃が下がることなく運用できますが、良くない物件は下降線気味になってしまいます。
格差は広がるばかりです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。