スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世襲事業

不動産屋と言う稼業は世襲されていることがよくあります。

ビルをいくつか所有する不動産賃貸業を営む人は長年財産を運用して行くと言う意味で世襲は当然と思いますが、仲介業の中にも親父の仕事を息子が継ぐと言うことも多いようです。

よく不動産屋に行くと親父さんと息子さんでお店を営業しているのも見掛けますしね。

不動産の場合は家主と不動産屋の長年の付き合いがあって、マンションや駐車場を管理している看板を良く見ますよね。1度掴んだ管理の権利はなかなか手放せないのでそれをつないでいくためにも不動産屋稼業は継続せねばならず、ならば子供にと言うことになるんでしょう。

僕の知り合いの不動産屋の会長も親の代から引き継いだのですが、管理している駐車場が1000台にも及びこれだけで結構な収入になるそうです。
そしてこれにマンションの管理をしていると、仲介はあってもなくても良いと言ってました。

管理を他社に取られることが1番悔しいので、これをずっと守って行くことに1番気を遣うらしいです。

よく街中でそこら中に管理看板を挙げてる地元不動産屋に行くと態度のでかい親父が店番をしていることありますよね。地元の主のような顔してモノ言いますが、こういう不動産屋も地主あっての商売なんですからもう少し謙虚になればと思うこともあります。
そういう親父の姿を見てきて商売してるもんだから息子まで態度がでかくなってしまってることもあります。

スポンサーサイト

テーマ : 不動産
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。