スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下水設備

飲食テナントにロードサイド店舗物件を提案するについては、面積や駐車場と共に下水道設備の調査が大事になってきます。
浄化槽設備を設置する必要がある物件は、まず焼肉、焼鳥、居酒屋など排水が多い飲食はイニシャルコストが掛かり過ぎ、ほとんどの場合物件としてダメになります。
業種により浄化槽の人槽が全く違ってきますから、物販ではさほど容量が必要でなくても、飲食店では規模の小さなお店でも大きな容量が必要となってきます。
場合によっては土地オーナーが浄化槽を設置してくれるとか、テナントの建設協力金で浄化槽を設置する場合は解決できる場合もありますが、浄化槽地域の場合はまず飲食店は難しいと思い取り組まなければいけません。
浄化槽の設置に関しては、行政の基準に従った容量の浄化槽の設置を申請し、設置届けを出さなければいけません。設置者が任意で大きさや仕様を決めることはできません。
飲食店舗へ物件を提案するには、まずは下水の整備状況を調査しましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。