FC2ブログ

土地開発コンサルティングビジネスマンのブログ

土地開発店舗開発をサポートするビジネスマンのブログです。 このブログでは店舗開発業務に関するテーマを中心にしています。

与信調査

最近は家主さんが候補テナントの与信を調査するよりも、テナントが家主さんの経済状況を調査する機会が増えました。
特に、土地建物に抵当権が設定されている場合、金額が大きいと審査に通らないことがあります。

よく家主さんは根抵当権を設定していることがありますが、極度額が大きいと大きな借入れをしているものと取られるのです。
現実的には極度額満額を借入れできませんし、実際借入れしている金額がいくらなのか率直にヒアリングして実態を把握しておいた方が良いでしょう。

また、抵当権が設定されている場合、担保とされている共同担保目録を調べ、どれぐらいの価値のある不動産を所有しているのか、担保と担保額とのバランスもチェックしておいた方が良いでしょう。

僕は、もし不動産に担保設定があり、大きな金額の担保が設定されているなら、共同担保目録から担保の目的となっている不動産を全部確認し、担保設定額と全ての不動産の世間的相場がバランスあるものなのかどうかをチェックするようにしています。

極度額が大きいから何でもダメではなく、大きければそれに見合う不動産があれば良いですし、実際の借入額がいくらになるかも聞くようにしています。

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rebornestate.blog91.fc2.com/tb.php/561-41114849