スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あてにならない紹介者

不動産でも建築でも情報を単に紹介しただけで紹介料がもらえると勘違いしている人がたまにいます。
不動産の場合は口利きだけでも済まされることがあるでしょうが、建築の場合は受注することが前提条件ですから、受注できるように紹介者は便宜を働かせなければなりません。
また、赤字でしか受注できるないような工事を紹介してもいけません。利益が出てこその紹介料ですから利益がでるよう事業のスキームを組み立てて建築会社に紹介しなければいけません。
そのためには発注者に対して押しが利くとかコンサルできるとか、紹介先の建築会社が有利に受注できる環境を作れる立場でないといけないわけです。
口利きだけして後は知らん顔で、工事が受注できたら自分がキーになったように繕ってフィーを請求するような会社や人が多いのです。

僕も工事紹介はさせていただいてましたが、建築会社が必ず利益を出せるよう予算組みから参画していました。しかし、建築会社が儲かるようにと言ってもネゴを疎かにしていたのではありません。
建築コストは絞込み、そしてそこに必要な経費や利益を組み込み受注できるよういろんな調整ごとをするのです。

逆に、建築会社の中にはフィーの支払を少なくする為、利益がでないとごまかす業者もいます。
7%の利益が出て当たり前の工事が、工事予算を見ると1%になってたりするわけです。工事原価は紹介者には判りませんからごまかされてしまいます。
だから、紹介業者は原価の把握もある程度できる立場でないといけません。

工事情報紹介者としてすべき業務は結構範囲が広く、単に「こんな計画があるので」だけではいけないわけです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。