スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転貸物件

居抜物件の中には転貸物件も少なくありません。
テナントが賃貸借契約した後、途中解約ができずにそのまま契約を継続し他社に賃貸することで空家賃を防ごうと言うパターンが1番よくみられるケースです。

途中解約することで違約金を取られることは契約書に普通規定しています。
契約によって違約金は違ってきますし、経過年数によっても違ってきます。
違約金が勿体無いために転貸契約をしてまで継続する必要があるのかどうか甚だ疑問な場合も多いですが、解約をせず契約を継続するテナント企業は多いものです。

契約を途中でやめる事に違和感があるのかも知れませんが、本業でもないことに時間や手間をかけておくのは勿体無い気もしないではないんですけどね。

また、解約してその後に同業種に出店されるのが嫌で、頑固にも契約を残しておくこともあるようです。
自信があれば、自社で儲からなかった店舗が他の会社では余計儲かろうはずもないと思うはずですが、なかなかそこまで自信満々なテナントも少ないようです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。