FC2ブログ

土地開発コンサルティングビジネスマンのブログ

土地開発店舗開発をサポートするビジネスマンのブログです。 このブログでは店舗開発業務に関するテーマを中心にしています。

転貸物件

居抜物件の中には転貸物件も少なくありません。
テナントが賃貸借契約した後、途中解約ができずにそのまま契約を継続し他社に賃貸することで空家賃を防ごうと言うパターンが1番よくみられるケースです。

途中解約することで違約金を取られることは契約書に普通規定しています。
契約によって違約金は違ってきますし、経過年数によっても違ってきます。
違約金が勿体無いために転貸契約をしてまで継続する必要があるのかどうか甚だ疑問な場合も多いですが、解約をせず契約を継続するテナント企業は多いものです。

契約を途中でやめる事に違和感があるのかも知れませんが、本業でもないことに時間や手間をかけておくのは勿体無い気もしないではないんですけどね。

また、解約してその後に同業種に出店されるのが嫌で、頑固にも契約を残しておくこともあるようです。
自信があれば、自社で儲からなかった店舗が他の会社では余計儲かろうはずもないと思うはずですが、なかなかそこまで自信満々なテナントも少ないようです。

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rebornestate.blog91.fc2.com/tb.php/545-294fe96d