スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン不毛の地 大阪

一昨日の産経新聞のニュースで、人口当たりのラーメン店の数が大阪は少なく、ラーメン不毛の地と評している記事がありました。

大阪、兵庫、奈良を始め、近畿圏は総体的に店舗が少なく、山形が1番で、東京も店舗数は多かったようです。

関西は何故ラーメン店が人口に対して少ないかは、麺の文化がうどん文化だと評している方がいましたが、それも理由であるかもしれませんが、私が思うのは関西はラーメン店の競争があまりないと言うことと、ラーメン以外に他に美味しい物が多いと言うこともあると思っています。

関西はうどん文化とは言っても、「このうどん屋は美味い!」と言えるお店を持った人はさほど多くありません。「何か美味いような気はするが、絶対に美味しいと言えるかと言われると自信はない。」と言う人がほとんどでしょう。

大阪の観光本に出てくるようなうどん屋は決して美味しい訳でなく、本当にうどん通に受けるお店と言うのは目立たない場所にポツンとあって、昼時は行列でかなり待たないと食べれないようなお店です。

大阪の美味いラーメンはと言われると、これだけは人により味に好みがあって、美味いお店は絞り切れません。
こってりが好きな人とアッサリが好きな人、しょうゆ味が好きな人と味噌味が好きな人とでも違ってきます。

私もラーメン好きですが、かと言ってわざわざ美味しいラーメンを求めて食べ歩いたり、行列に並んでまで食べる気はしません。
飲食業は食を介したサービス業ですから、お客さんを長く待たせたり、不味い物を食べさせたり、ごちゃついた席で食べさせないのが本来の姿だと思っています。わざわざお客さんを20分も待たせて次から次へとオートメーションのように捌くようなお店は好きではありません。
ですから、行列ができるようなお店なら行列ができない時間帯にしか行きません。気分よく食べたいですからね。

私が今まで食べた中で1番美味いと思い、このお店なら誰にでも推薦できるお店が1軒あります。いや、ありましたです。
難波のラブホ街の一角に小さなラーメン店がありました。今では新しい駅ができてその通り道なので人通りも増えましたが、当時はホテル街近くなのでさほど人通りは多くなく目立たないお店でした。
仕事でたまたまその通りを歩いている時に、ふとそのお店に寄りました。
店主1人とバイト1人でやってるお店で直感的には普通の街中のラーメン店でした。
注文したのは、「スーパーチャ―シュー味噌ラーメン」でした。1杯1000円近くしてたと記憶しています。
大きめのどんぶりにチャーシューたっぷりのゴマがたくさん振りかけられた太麺のラーメンは、スープの濃さ、味噌の風味、チャーシューのトロトロ感、そしてボリューム全てに満足しました。アッサリが好きな人には少し濃いめかもしれませんが、後日一緒に行った人のほとんどが「ここのラーメン美味い」と言っていました。

しかし、私が通い出して3ヶ月ほどでお店は閉まりました。
味は良いけどお客さんがあまり来ないお店だったのです。是非ともこのお店を難波のもっと人の多い所へ持って行けば流行ると思っていましたが、さすがにそんなに家賃の高い所へは出れないでしょうしね。
今でもこの通りを歩くと当時このお店があったことを思い出します。
「またあのラーメン食いたいなァ」と今でも懐かしく思い出すのです。未だにそのお店を越えるラーメンは見つかっていません。

スポンサーサイト

テーマ : 意見・つぶやき
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。