スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SC店舗の苦労

最近はSC内で空き区画がそのままになっているところが少なくありません。
空き区画=SCイメージの悪さに直結しますから、空きをなくさなければいけません。

昔のタイプのSCでは、各店舗があって、その周りに専門店が貼りついたものがたくさんありました。
核はスーパーで、その周りに肉屋や化粧品、惣菜、和洋菓子、クリーニング、雑貨、お茶、衣料品、喫茶等の店舗が貼りついたりしたタイプです。
結局、そういう専門店は地元の商店であったり、地権者関係者であったりするものも多かったのですが、経営の後継者がいなかったり、営業が成り立たなくなったりで、いつのまにやら抜けていってしまい後継テナントがないままの状態になってしまっているのです。

そういう専門店は単体では集客力がないので、核であるスーパーの集客力に依存したものでした。
しかし、スーパーも競争が激化し、集客力が落ちてくると同時に、フリースタンディングのスーパー単体で出店している方がコスト的にも、運営的にも効率が良いため、単体出店の方を好むようになり、地元専門店を構えたSC造りは少なくなりました。

こういう古いタイプのSCは、後発のSCやスーパーにお客様を持って行かれ苦戦するパターンが当たり前の状態です。大きくSCを改装しようとしても、専門店の承諾が得られず強引に踏み切れないし、専門店のリニュアルもトータルで行えないので、結局中途半端な改装で終わってしまいます。

SCを運営することと、1つのお店を営業することとは全く立場が違います。専門店もそう言う総合的なリニュアルに積極的に参加する意識が必要で、そうしないとますますジリ貧なSCとなっていくのです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。