スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築営業の厳しさ

リーシング業界も厳しいですが、建築業界はもっと厳しいのではないでしょうか。

と言うのも、リーシングは成約すればいくら売上が上がると言うのがはっきりしますが、建築は実行予算を組んで工事が終わらないと利益が確定しません。
家賃が高かろうが安かろうが、成約すれば一定の収入があるのがリーシングで、とにかく他社より安い価格で受注し、如何にそこから利益が出るように予算を絞っていくかが建築業界です。

特命工事と言うのは、他社競合なく1社で見積もりを出し、価格調整をして受注することですが、建築会社にとってはこれが1番利益の出し易い仕事です。
土地を持ち込み、その代わり工事は特命でさせてもらうと言うのが建築営業の常套手段で、これができないと毎度競争入札ばかりに参加して利益が出ない工事ばかりをするはめになるわけです。

リーシング業界でも、工事受注を条件に営業する企業も少なくありません。
有効利用地にテナントを連れて来て工事をいただくと言うのは、土地の企画の典型的パターンです。
テナントを連れてくると言うことがウリであるので、そう言う企画会社の施工能力は大したことありませんし、ほぼ協力業者に丸投げ状態です。幸い店舗の工事と言うのはさほど建築的な高度な技術は要りません。施工精度もそんなに高くなくても構わないのですが、コストをいかに下げれるかと言う能力と如何に工期を短縮できるかと言う能力は必要です。
ただテナントから指示される予算が厳しい現在では、特命だからと言って必ずしも利益がでるとは限りません。特命でも価格削減に相当な努力が必要なのです。

仲介して手数料をもらってそれで終わりの業界と、如何に予算に合わせるために努力しなければいけないかの業界とは苦労の程度が違います。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。