スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大規模店舗の規制

ヤフーニュースにこんな記事が出ていました。

大畠章宏経済産業相は7日午前、大規模小売店の出店で地域の商店街が衰退している問題に関して「さらなる大型店の展開によって地域社会の秩序に支障が生じる」との認識を示した。その上で「規制を強化することが必要だ」と述べ、大規模小売店の出店規制強化を検討する考えを明らかにした。
 都内で開催された中小企業関連団体との懇談会の後、記者団の質問に答えた。
 経産相は懇談会の冒頭あいさつで「ひともうけしてやろうという乱暴な波に(商店街が)のみ込まれる感じがある。このまま放置すると地域社会が崩壊してしまう」と危機感を強調。「新しい地域社会づくりに再スタートする決意で進まなければならない」と訴えた。 

私は今からもう20年以上前に神戸の商店街の活性化計画に参加したことがあります。
当時から商店街の衰退が問題になり、如何に商店街が協力して新しい商業ゾーンを作り出すか、そんな計画をお手伝いしたことがあります。
賑わう商店街と廃れた商店街との差が激しく、人通りの少ない商店街は既にシャッター街化していました。
店主は老齢化し、後継者もおらず、新たなアイデアの発想や投資もできず、時間ばかりが経過していました。
ポツポツと不動産を売却したり、廃業して家主に店舗を明け渡したり、既に行く末が見えたような商店街を活性化させるには、大手スーパーを核店舗に誘致したり、等価交換で高度化した部分を売却して資金作りをする他ありませんでした。再開発に対する行政からの融資制度もありましたが、それら制度を活用しても実現できる商店街は多くはありませんでした。
当時から大型商業施設ができることで近隣商店街がさびれると問題になっていましたが、それだけが理由ではありませんでした。
価格や買い物のし易さは大手施設には敵いませんが、対面販売による商店街のメリットも多々あったのです。
大きなデメリットは大型施設ができることで人の流れが変わり、商店街を通過する人が激減したことや、車で買い物にくるお客さんに駐車場がない商店街は不向きであったことなどが挙げられます。商店街は買い物するためにある程度歩行距離が出てしまいます。スーパーなら同じ建物内で買い物の用は足ります。結局そういう面倒くささや歩くことの不便さがお客さんに受けなくなったのです。

しかし、逆に大手商業施設に負けない商店街もありました。こういう商店街は儲けもでますから後継者も育ち、自分らで商店街を活性化させるイベントの開催や販促などにも力を入れていました。概ねこういう廃れない商店街は近くにスーパーができても、立地的に人の流れが途切れない形になっており、運良くスーパーと共存できる形になっていたのです。

しかしさすがにそういう賑わった商店街も今ではかなりさびれが目立ってきました。
関西でも強力だった有名商店街でも既に多くのシャッターが閉まったままのところが少なくありません。
以前より一層商業施設がオープンし、人の流れが変わったこともありますが、商業施設での買い物に慣れた人が多くなって商店街に行かなくなったことも1つの要因だと思います。いちいち対面販売で買うより、自分の好きな時間に好きなものを買うだけで良いと思うお客さんばかりになってしまったのではないでしょうか。
そういう意味でも、単に大型施設の出店だけを規制しても何も解決しない気がします。
消費者が買い物する習慣が以前とは違うものになってしまったと思うのです。

私は小さいころ商店街での買い物に連れて行かれたので商店街に行くのは大好きですが、今の30代ぐらいまでの人は商店街は煩わしいと思っているのではないかと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。