スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アパートマンション一括借上

アパートやマンションの一括借上物件について、空室率が高くなってきているとのことです。

物件の供給は安定していても、それに入居するお客さんが安定していないといけません。

管理戸数が増えれば、当然比例して入居者も増えなければいけませんが、この入居率がどうも下がってきているようです。

アパートやマンションの一括借上企業の儲け口は2つあります。

1つは一括借上物件の請負契約で、借上=施工と言う条件になりますから、当然建築コストは工事会社任せになり、高利益の工事を受注することになります。

もう1つが、アパートマンションの入居管理で、如何に建てたアパートマンションの稼働率を上げ、管理収益を得るかと言うことになります。

最近は後者の管理収益に関し、入居率の悪化もあって一括借上賃料と実際の家賃収入とが逆ザヤになり、赤字運営の物件も多くなってきているようです。

会社は成長と利益のためにどんどん新築案件を供給しても、運用面で利益が出なければ、いずれ利益を食い潰して、借上が成り立たなくなります。
オーナーに当初約束した収支計画が狂い、想定賃料を確保できなくなるでしょう。

結果的に、借上企業としての存続を考えれば、借上賃料を下げてもらうことになり、そうすることでオーナーの収支計画が悪化して、投下資本の改修が永遠にできない事態になるでしょう。

オーナーは収支計画上では投下資本が回収できないような事業は鼻からしないでしょうが、一定期間内で投下資本が回収できる収支計画なら、相続問題も考えて実施するかもしれません。
そして、一旦建物ができ運用が始まれば、途中で辞めることができないと言うことに気付きません。

私はいずれこの一括借上方式が破綻し、社会問題化するのではないかと気にしています。
スポンサーサイト

テーマ : 不動産
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。