スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

協議可、交渉可

物件情報を同業から入手すると、よく賃料や敷金の項目が「協議による」と書いてあって、一切具体的な金額が記載されていない案内書を見掛けます。

具体的に金額が記載してあって、それに協議可能と書いてあれば、一応の目安があって多少価格を下げることもできるんだと予想がつきますが、金額記載なしの協議では、目安が判らないのです。

これは甚だ厄介で、テナントに対して価格の目安を提示しないと検討の余地がありません。価格の目安が判らないまま、テナントの担当が社内で検討し、いくらなら出せると決めても、いざオーナーに提案すると、「そんなんでは話にならない。」と言われることもあるのです。

目安さえ書かれていないのは、情報を管理する業者にも問題があるわけで、もし自分が物件情報をもらって金額記載がなければ、「どないなってんねん?」と思うはずです。オーナーが金額提示をはっきりしないんだと言うことは判りますが、プロとして自分なりにオーナーの腹積りをヒアリングし、大体の目安は判断する能力も必要です。

また、オーナーが駆け引きで、ちょっとでも高く貸したいので、条件をテナントに提示させて天秤に掛けてやろうというケースも、金額が明確にならないことがあります。坪5000円で貸せれば良いかなと思っているけれど、5000円をマックスで交渉するのではなく、あわよくば6000円、7000円でも借りたいと言ってくるテナントがあるかもしれないので、取り敢えず金額は曖昧にしておいて、テナントの出方を見ようというパターンです。


最初から目安の金額があって、それをクリアすれば前向きに進められると判っていれば、その価格に対して○か×はっきり回答が得られ、無駄な交渉をしなくて良いのです。
もしどうしてもはっきりしないなら、オーナーの前で、「家賃は****円前後で募集しますから、もしその条件で申込があれば必ず交渉のテーブルに載せてください。」とぐらい言わないとだめです。もしそれでも返事がないようなら、リーシングを受けるか受けないかと言うところの問題になると思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。