スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工事会社の支払い基準

建築工事を紹介して工事紹介料を頂戴する時があるのですが、工事会社の支払いには時間が掛かるのに驚く時があります。

不動産なら契約後さほど時間を要さずして請求金額を回収できますが、工事会社の支払い基準に沿って支払いを受ける時は相当回収まで期間が必要な時があります。

例えば、工事代金の支払い基準が、月末〆の翌月末払いなら最長2ケ月で、最短1ケ月とちょっとですが、これはまだ良い方で、中には月末〆の翌々月末払いなんてのもあるのです。最短で2ケ月、最長で3ケ月ほども掛かるのですから、請求したこと自体忘れてしまいかねないです。

私がここで思うのは、協力会社いわゆる下請会社と言うのはひっしに汗まみれになって仕事して、その対価を得るのが2,3ケ月先とは厳しい世界だと言うことです。資金繰りに苦労するのも解りますよね。
現金で決済してくれるならまだ良いですが、これに手形があったり、出来高の何割かを繰り延べするような支払い基準もあるので、こうなると半年以上代金が回収できないことになります。
手形を早く現金化するために割引するのも当然ですよね。

不動産のように現金で決済が早い業界とは全く別の支払い制度なのです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。