スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路線価下落

平成22年度の路線価が発表されましたが、都市圏の価格は平均的に8~9パーセントほど下がっています。
これだけ景気が悪いのですから、下がって当たり前ですが、相続税とは無縁の人にはどうでもいいことです。
しかし私らのように土地を扱う人間は、自らは相続税とは無縁なものの、お客様である地主さんにとっては気になることです。
自宅の固定資産評価は都市計画税を含め税率も1.7パーセントほどなので、評価額変動による税額変動もたかがしれています。しかし相続税が課税されるほどの不動産を所有していると、その額はかなり高額になりますし、基本的に現金で納税しなければならないわけですから、単に土地だけあってもだめなわけです。土地を金銭に換えないといけないのです。
よく地主さんと話してると、相続が近い将来おきると考えると、遊休地であっても、テナントに貸すわけにはいかないと言われます。急に売却してしまわないといけないかもしれないので、他の権利を付けたくないと言うのです。
これでは地主さんも大変ですよね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。