スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開発担当の忙しさ

テナント企業の開発担当はかなり忙しいですよね。
溢れんばかりの物件情報が毎日送られてきて、その中からまずは書類審査で現地確認可能なものかどうか判断し、そして現地に行って見てその何割かだけが検討に値するのですから、手間暇が掛かります。
書面では良いと思っても、実物を見たらイマイチ良くないものも多いでしょう。

また、良いと思った物件を会社の会議に掛けたら不可だったとか、申込書を入れたものの他社に負けてダメになったとか、とにかく多くの情報が最終的に出店に至るまでには、相当なハードルを越えていかなきゃいけないことになります。
開発担当は当然、上から今期は何店出店せよとの至上命令があるでしょうから、ダメでもまた次と、繰り返し物件を会社に上げ承認を取る努力を続けなくてはいけません。
売れる店舗を出すことよりも、会社が認める物件をいかに計画通りに契約に結び付けるかが開発担当の責務ですから、多くの情報のなかのホンの一握りの契約物件を見つける日頃の努力が必要です。

リーシング業者や不動産業者は、そういうことはお構いなしに、自ら持って行った物件だけのことしか考えません。自分の持って行った物件が第一主義です。他の物件はどうでも良いのです。
しかし開発担当は、全ての物件が同じ土俵の上に乗り、その中で会社からオーソライズされる物件を選んでいくわけですから、業者との立場が全く違います。

業者があれこれ物件の良さを訴えても、それはあくまで自分が抱える物件の宣伝に過ぎず、テナントの立場での考えではありません。良い物件はいちいち説明されなくても肌身で判るものなのです。

テナントから返事がないのでいい加減だと考える業者も多いですが、多くの情報にいちいち回答をしていくのも大変な苦労です。かと言って、実際に放ったらかしにしている開発担当もいて、後々開発担当と話すと、「そんな物件貰ってましたっけ?」と言われることもあります。
こう言う事態を避けるにはコミュニケーションを日頃から取っておかなくてはいけませんね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。