スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建替え提案

店舗が古くなった時…概ね築20年以上…はテナントが入れ替わる際、建物を建て替えることも検討して良いでしょう。

ただ、建替えにはリスクが付いて来ます。

まず、解体費用が発生すると言うことです。基本的には解体費はオーナー負担です。中には新規テナントが負担してくれることもあるようですが、それは余程の場合だけです。金額もン百万円~ン千万円も掛かることが多いので、負担リスクを頭に入れておかなきゃいけません。

次に建替え期間は賃料が入らないことがあげられます。建替事業ではこの期間のリスク…リスクと言って良いかどうかは解りませんが…が一番大きな負担ではないかと思います。今まで毎月決まった金額が入っていたのに、急に長期に亘って無賃料の期間が発生しますので、その間の固定資産税等の所有経費を考えておかなければいけません。

オーナーも高齢になってから新たに建物を新築するのは結構決断が要るものです。よく、相続のことを考えあまり投資の掛かることはしたくないというオーナーも多いものです。
建築会社や商業建築企画の会社はよく立て替えを薦めています。単なる居抜仲介では儲かりませんからね。
将来の相続対策や事業の引継を考え、居抜で継続するか、建て替えるかよく検討しなければいけません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。