スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期建物賃貸借契約

オーナーの事情によって、契約を定期建物賃貸借にしてほしいと要望される方がいらっしゃいます。

定期建物賃貸借契約のメリットと言えば、取り決めた契約期間で契約が終わってしまい、更新がないと言うことです。
これをメリットと考えるのは、例えば10年とか15年先に相続が発生し土地を手放さなければいけない可能性があるので、契約満了をもって賃貸借契約は終わらせて整理しておきたいと言う事情がある時とか、10年先、15年先の将来の経済状況が解らないので、取り敢えず契約期間だけ賃貸し、期間満了時にまた状況に合わせてどうするかを考えたい時とかになると思います。
期間を決めて一旦区切りをつけるために、テナントとの賃貸借関係を清算すると言う意味では、有効な契約方式になるでしょう。

ただ、テナント側としては、契約期間満了後も営業を続けたいとなったとしても、オーナーが契約終了の意思表示をすると、辞めざるを得なくなります。オーナーが終了の意思表示をしなければ、満期になっても営業は続けられるものの、いつ何時契約終了の通知を言われるかもしれません。
テナントが営業を継続したいと考えている場合、オーナーは、一旦契約を終了させ、新たに契約を結び直しましょうと言うかもしれません。すなわち新たな契約が始まるわけです。と言うことは、テナントにしたら長く営業してきて、途中解約の違約金もほとんど発生しなくなったところで、また新たに契約が始まり、併せて途中解約の違約期間も新たにスタートするわけですから、リスクがまた発生すると言うことになります。契約を更新してくれれば途中解約の違約金も少なくなるか、無くなってるかなのに、契約を新規にし直したばかりにリスクが起きるわけです。
契約を継続、すなわち終了の意思表示をしないなら契約はこのまま続けるけれど、もし一旦終了させるなら再契約はしませんと言うテナントも出てくることでしょう。

どっちの契約方式が良いか、悪いかと言うことはありませんし、実際定期建物賃貸借契約と通常の建物賃貸借契約の差はあまりありません。将来必ず決った期限までに明け渡してもらう必要があるなら定期での契約が有効です。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。