スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろんな角度から考える習慣を

先日のサッカー日韓戦の何とも情けない戦いは、テレビを観ているファンまで疲れたのではないでしょうか。
応援で疲れたと言うより、心労で疲れた方も多いと思います。私もその一人ですが・・・。

代表選考が話題になり、蓋を開ければ結局毎度同じメンバー。バックパスの連続に短いパスばかりで攻撃する気持ちが無いのかと思えるような、毎度同じ戦い方をこの今になってやっているわけですから、何をテーマに考えてゲームをしているのか全く理解できませんでした。

がむしゃらにサイドから上がる選手やドリブルでとにかく前へ出る選手が本来必要なはずですが、そういう選手を代表に選ばず、毎回あがる代表候補と言う名前だけで選ばれた選手ばかりな気がします。
バックスの選手は自陣でボールを回すのが仕事ではなく、ディフェンス以外にミッドフィルダーにパスを出すのが仕事です。そのためには自分でボールを動かしてミッドフィルダーの選手に動きを作らせなきゃいけません。ディフェンスは背が高いことも大事ですが、ボールを前へ持って動かすことも大事でございます。

また、中盤でも短いパスを出すものだから、ちょっとチェックに入られると結局ボールはバックスへ逆戻り。これも毎度の悪い癖でしょ。また、遠藤(選手)も全くだめで、走れないわ、後ろからチェックされそうな選手にパスするわで、何で代表に選ばれたのか意味が解りまへん。ピークはとっくに過ぎた選手だと思います。大久保(選手)は相変わらずゴールの枠の外へシュートする癖が抜けてません。スピードはあるけれどよくこけます。反則狙いのコケも多いような気がします。同じスピードなら玉田(選手)の方がシュートの精度は高いと思うのですが・・・。
日本人はがむしゃらに走る石川(選手)や香川(選手)のように走れる選手を選んでほしかったと言うのが私の本音です。ゴール前へ体ごと突っ込んでいくぐらいのスピードがある選手が必要です。サイドを後ろから追い越して上るぐらいの勢いのある攻撃がほしいのですが、この間の試合では誰~れも上がりませんしね。
本線では相手国の選手は全て大柄です。当然体の大きさでパスコースも狭くなりますし足の長さでパスもカットされることは多くなります。ボールを動かさずにちんたらバックパスや短いパスをしていちゃ、いくらでもインターセプトされてしまいます。中村俊輔(選手)もピーク過ぎました。怪我のせいもありますが、あれだけ走れないのはよっぽどでしょう。無理に出場することがチームに悪い影響を及ぼしてしまいます。

この間のゲームで長谷部(選手)と長友(選手)だけはよく動いたなと、代表に選ばれて良かったと思った選手です。
岡田監督の采配の変化の無さ、選手起用のタイミングの遅さも大きな問題です。
今回のワールドカップは、チームの激変が無い限り今までで最低の結果に終わるのはまず間違いないでしょう。

結局、仕事も同じで、ウダウダ批判してきたように、自分の仕事の中身も批判を加えながら変えていかなくてはいけません。毎度同じ考えで営業するのではなく、いろんなアイデアや情報を仕入れていつもにない切り口で仕事の進め方を考えるのも大事なのです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。