スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居抜物件引渡

来週は先般契約した物件の引き渡しに参ります。前テナントから一旦オーナーへ明け渡して、同時に新テナントへ引き渡します。
このテナントチェンジの際には、鍵の引渡と明渡状態の確認が必要ですが、当日は新テナントの担当の方が来られない(引渡日から着工するので工事業者に現場で鍵を引渡します。)ので、私が代理で工事業者の責任者に引渡をします。
但し、十数種類の鍵を引き渡すのですが、前テナントの売場面積と新テナントの売場面積はかなり違ってくるので、多くの鍵は廃棄と言うことになります。
本来は玄関や勝手口、従業員用の出入口などの鍵は、全て交換してしまうテナントも少なくありません。
鍵がどこかに行ってしまっているかもしれないので、防犯の意味を考えて鍵は取り替えることが良くあるのです。
特に貴重品を扱うテナントはこの点にはすごく気を使っていて、鍵の管理を慎重に行います。

後、万が一の緊急事態の時、オーナーが建物内に立ち入るために鍵を保管しておくことが多いのですが、テナントによってはこれを嫌い、警備システムがあるから鍵は預けないと言うところもあるのです。これはどちらの言い分が正しいか判りませんが、多くはオーナーが鍵を1つ保管しているのではないでしょうか。
それと、引渡時には水道、電気、ガスの名義切替えが必要です。基本的には引渡日までは前テナントの負担になります。引込契約の状態によっては、かなり事前に手続しておかなければいけないこともあるので、改装工事をする会社に、きちんと切替え手続をするよう指示しておかなければいけません。

それと少なくとも改装工事を着工する時には、工程表、設計図、パース、サイン計画等、どんな工事をどんな工程でするのかオーナーにチェックしてもらわなきゃいけません。契約書にも建物の改装工事の際は事前にオーナーへ説明して承諾を得ることが書かれていいることが多いですからね。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。