スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物件のスケジュール化

テナント企業が物件を積極的に検討いただくようになったら、まずはオーナーへ具体的検討に入ったことを報告します。同時に、その検討の結果がいつごろ出るのか、契約はいつ頃できるのか、その辺りのスケジュールを思案で持っておくようにします。
実際にテナント企業の出店がオーソライズされるのは、稟議が承認されてからですが、どういう手続きを踏み、どれぐらいの時間で回答が出るのか、オーナーに情報を伝えておくだけで物件の主導権は握れるものです。
物件の進捗をスケジュール化することで、業務毎の期限ができ、時間の遅れている部分については確認作業もできるので、ただ漫然と進めるのではなく時間や期限を意識することは大事です。
私の知る業者で、ちょっとテナント企業の前向きな反応があれば、一気に急かした話をしてくる人がいます。テナントの反応が無い時は全く大人しいのに、いざテナント企業から出店申込書が出たり、テナント担当がオーナーに会いたいと言ってきたりしたら、それはもう自分で勝手にいつごろ契約するか決めています。
最初はせっかちだなと思っていましたが、仕事をするならこれぐらいせっかちで慌ただしいぐらいが余計な横やりが入らず良いなと思うようになりました。
もう一人知り合いの内装業の社長は、かなりノンびりしていて、気は良いけれどもマイペースなので自分でスケジュールを組んでいつまでに契約しようと言う意気込みがありません。こちらから用事を頼んでも、催促するまでその返事はありませんし、これでは仕事に対するバイタリティが欠如しているとしか思えません。

計画を立て、期限を決めて仕事をするつもりでも、相手あっての仕事ですから時間は掛かってしまうことも多々あります。ただ、その仕事の節々をチェックすることで、周りの人の動きを速めることにもなりますし、状況の正確な把握ができることになります。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。