スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産収益アップ

保有不動産の収益アップの手法はいろいろありますが、本当に収益が現状より上がると言うものは多くはないと思います。
ケースバイケースですが、立地や周辺の地代相場、商環境、市場性などにより個々の物件毎に違ってきます。
よく収益アップのために賃貸住宅やアパート経営を勧める宣伝を見聞きしますが、個人的にはあまりお勧めしません。余程、駅近とか住環境が良いとか、人気のエリアでない限り短期的には事業計画通り収益が得られても、長期的には収益が結局上がることはなかったと言うことになるパターンが多いと思います。
私の業務の場合、店舗や業務用の用途に高度化して収益アップを目指すため、完全な住宅立地では提案はできません。例外の場合は老人施設、養護介護施設などに利用する場合のみです。
なぜ店舗系で収益アップを推薦するかと言うと、店舗の場合出店希望のテナントさえ見つけられればオーナーは費用負担が少なくて済むからです。借地の場合ならテナントが自ら建物を建てるだけですし、建設協力金方式の場合はテナントから無利子の建設資金が預託されるため、マンション経営のように金融機関から多額の資金を借り入れして事業化するパターンがほとんどありません。
金銭的リスクが少なく建物も住宅と違い単純なのでいざと言う時に解体もし易く、住宅のように管理が煩わしくないので店舗での事業化を勧める訳です。賃貸住宅経営のように20年~30年も掛けて投下資本を回収することもなく、安定した収益が確保できます。
不動産の収益アップは長期で考えなければいけません。
最初は良くても後々赤字に陥ったと言う事例もたくさんあります。
これから少子化、人口減少の時代が長く続いていくでしょう。
20年先、30年先まで住宅需要が増えることはありません。当然、店舗業態も徐々に人口変動によって変化していくでしょう。
そんな意味でも将来的なニーズの変化に対応可能な建物計画と収益計画を念頭に事業を検討しなければいけません。
スポンサーサイト

テーマ : 不動産
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。