FC2ブログ

土地開発コンサルティングビジネスマンのブログ

土地開発店舗開発をサポートするビジネスマンのブログです。 このブログでは店舗開発業務に関するテーマを中心にしています。

物件情報は今年も多い

ここ10日ぐらいの間に20物件ほど物件情報がきました。
これだけあれば結構ハズレも多いのですが、今回はそれなりの物件ばかりです。
今の時代は、それなりの物件がなかなか成約に至らなくなったと言えます。
先日も、これは良い!と思った物件は1週間で決まってしまいました。良い物件だけに業者の競争とテナントの競争が激しく、次から次へとテナントから打診や問い合わせがくる何とも羨ましい物件でした。そのテナントを連れてきた業者は、オーナーとの物件契約実績があってルート的に強かったようです。
こういう場合は、貸主と如何に深くつながっている業者が関わっているかで採用されるテナントは決まってきます。
一見さんでアプローチするなら、如何にテナントの著名度が高いか、条件が他より抜けていると言う何がしかのメリットが必要だと思います。

私はあまり業者間の競争の激しい物件は敬遠するので、物件情報を送ってくださる情報源の方がどの業者にお願いしているかで、先行きを決めます。業界内でやたら情報をばら撒く業者へ回った物件なら、ほぼリーシング営業は行いません。街中の不動産屋や駅前不動産屋に数社お願いしたという程度なら、前向きにリーシング活動を行います。
要は、情報は先頭集団にいて扱わなければ、後方集団では無駄な動きをしなくてはいけないことが多いのです。

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rebornestate.blog91.fc2.com/tb.php/397-80eef7ec