スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契約書製本

契約書の製本は、業者ごとに違います。
本来は袋とじ製本をすべきかなと思いますが、製本テープで表紙と裏表紙の左端だけを貼り、中身はホッチキス止めだけになっているものも少なくありません。
以前、ある業者が「うちは契約書はきちんと袋とじにして契約するから、製本はこっちでするから。」と言われ、しっかりした業者だなと感心してたら、出来上がった契約書はただホッチキスと製本テープで貼ったいわゆる会社の会議資料をとじたもの程度だったのです。
契約書を受け取った私は唖然として、「これは袋とじと違いますよ。」と言って、簡易に綴じられた部分を指摘して、作り直したことがあります。
建築会社の営業なら役所の工事で袋とじの契約書を作ることがあるので、意味合いが解ってもらえると思いますが、役所の契約書はきちんと袋とじにするものが多々あります。私もゼネコン営業の時に袋とじを教わりました。
民間同士ではこの辺のことをあまり固執しないので、こういう製本が通用しますが、本来は契約書類がバラバラにならないよう、一塊の製本にしなければいけません。
その場合は綴じた帯に1ヶ所割印を押せば良いのですが、間違った袋とじでは全てのページに割印が必要と言うことになります。
実務上は製本の仕方が問題にはなりませんが、本当の袋とじはどんなものか知るといい加減な袋とじは頼りなく感じますよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。