スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラス族

年始の営業は年始挨拶とばかりに、ビジネス街はスーツ姿の2,3人のグループがあちこちで見受けられます。
こういう人達を私はカラス族と呼んでるんでいます。かく言う私もリーマン時代は年始と言えば同じような感じでした。

ちなみに年始挨拶の場合、部長や役員が同行して挨拶することが多々あります。普段の営業で姿を見せないエライさんが、年始だけ挨拶に来てどれほどの効果があるかは不明ですが、年始だからこそ役員が挨拶にと思っている企業も多いですね。廻って損にはなりませんけどね。
ちなみに、役員が挨拶に廻る場合、営業担当が同行しなければいけません。しかし、いろんな得意先へ役員は廻るので、挨拶回りがスケジュール化され、シフトが組まれます。年始2,3日の間で全部廻れればいいのですが、それは無理で、1週間ほど掛かります。当然、早くに挨拶に向かうのは大の取引先で、1日に予定を分単位で詰め込むので、交通状況や取引先の応対の仕方で遅れがでます。間違いなく時間がずれてきます。これが営業担当にはやっかいで、時間を拘束されてしまい自由が利かなくなることがあります。挨拶廻りの役員が来る時間がずれてくるので待機しておかなきゃいけないからです。
私はいつもまずは自分一人で挨拶に出掛け、「いついつの何時頃に役員が挨拶に来ますから、不在でしたら名刺だけ置かせていただきます。」と先に伝えておきます。

1度だけ年始挨拶のことで小言を言われたことがあります。
私の営業担当の企業の会長から叱られたのですが、その会社の本社事務所の新築工事を受注した翌年の年始挨拶を私は控えていました。と言うのも、会長は年末に心臓のバイパス手術をして、そんな時に病院へわざわざ行くのもどうかなと思い、しばらくしてから伺うつもりでした。その会社の社長には挨拶は済ませてあったのですが、何分会長が実権者でありオーナーでもあったのです。年が明け1週間ほどしてから、「君は年始挨拶にも来ないのかね」とお叱りの電話が掛かってきて、「会長、もう退院されたんですか!!」と慌てて会社へ飛んで行ったことがありました。
年始の挨拶を気にされてると実感したのはこの時が初めてでした。やはり相手の方の考えや思考によく鑑みて行動しなければいけません。結局その会長は1ケ月ほどしてお亡くなりになられました。

起業してからはあまり年始挨拶に出掛けることはなくなりましたが、この記憶だけは未だに忘れられないものです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。