スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーシング営業上の暗黙のルール

リーシング営業をしていて、業者間に情報の優先権のような立場的な暗黙のルールができる場合があります。

例えば、B業者の持ってきた物件情報に、あるテナントをA業者が見つけてきて契約に至ったとします。
この場合、物件側にB社、テナント側にA社が窓口となって契約事務は進められます。
さて、この契約交渉中に、貸主、テナント、業者2社が顔を合わせ、それぞれ面識ができたとします。
このテナントにB社がこの契約移行直接物件を送付し、自己の取引先として対応してよいか、またこの貸主が所有する他の物件にA社がテナント情報を直接持ち込み出すことがよいのかと言う問題があります。

多くの場合、特に仁義や筋道を通す業者の場合は、面識ができたとしても直接情報をやり取りすることはしません。
永久ではないにしても、しばらくは世話になった情報源のルートを守って、物件情報やテナント情報を持ちこむことになります。1度の取引で面識が出来たからと言って、明日から我が得意先とはしないのが暗黙の内にできています。

しかし、こういうのは必ずしも全てがそうではなく、私の知るあるコンサルは、1度そのコンサルが持ってきた物件に出店申し込み付きでテナントを紹介したら、以後勝手に物件を送ってしまう厚顔無恥な人なので、できるだけ直接会わさないようにしています。情報だけのパクリをしても全く気にしないコンサルなので深くは付き合いませんし、他の業者で長い付き合いをした人は見たことがありません。

また、同じような事例で、過去に他業者と共同で契約まで持ち込んだ物件があったとします。
もし些細な要件を相手業者が紹介してきた貸主に連絡しなければいけない場合、契約後何年経っていても一旦その紹介元の業者に報告して、代理で連絡をしてもらうか、同行して報告を行うか、また直接連絡して良いのか確認して行動するのがマナーだと思います。あくまで私の場合の考え方ですが・・・。
一旦契約して業務は終わったとしても、業者間の間には情報元の担当責任があると考えるので、年数が経っていても必ず相手業者に連絡をして、報告事項を伝えると言う段取りを踏まないと、勝手に交渉され、知らない間に契約の内容が変更されていて、窓口だった一方の業者が変更事項をしらないと言う事態がないよう、業者間で認識し合っておくべきだと思います。

こう考えてくると、一旦成り立った業者間の情報源はその業者間に限り一定期間相手の立場を優先し、情報ルートの流れが制約されると考えられ、そういう暗黙のルールができあがっていると思います。さらに、こう言うルートの相互尊重をする業者は、私個人的には義理堅いと言っていいと思います。
逆に最近は、情報のパクリ合いが多く、情報を安心して同業者に送付できなくなったような気がします。これは業者間だけでなく、テナントの一部開発担当にもあって、情報だけ取ってお抱えの業者に回すとか言う事例もあります。この話はリーシング業者間での会話ではちょくちょく出てきて、気をつけなくてはいけない要注意マークがつくことがよくあります。

些細なことでも、お金にならないことでも、契約を担当した以上、解約までは貸主またはテナントのフォローはしなくてはいけないと思っています。
「お金にもならないことなのでこちらで対応しておきます。」と私が紹介した貸主への対応を自らするくせに、私が逆に、「お金にもならない業務なのでこちらで貸主と調整しておきますよ。経費の無駄ですから。」と言っても、「そういうわけにはいきません。こちらが紹介した貸主なので私を通してもらわないと困ります。」と、立場変われば真逆なことを言う業者もいます。

気持ち良く仕事を継続してパートナーシップを築くなら、ルールは守りましょう。

スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。