スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

減額の次は補修依頼

先般減額交渉が終了した店舗につき、設備と漏水の補修工事の必要が出てきました。
家賃を下げた直ぐ後なので、建物の改修にお金を掛けることはオーナーも嫌がるだろうなと思っています。雨漏れはオーナー負担工事とはっきりしていますが、設備補修個所の区分は微妙です。

居抜店舗の場合、本来新築工事ならテナント負担工事であるべき設備が前テナントから後継テナントに引き継がれています。そういう意味で、本来テナント持ち込みだったから、補修はテナント負担となるべきですが、そのまま引き継いだために、オーナー設備とされてしまうのです。
居抜物件はこういう問題が後々出るので、細かな管理区分を契約時にしておくことが、後々の問題を防止することになります。

前テナントの残した設備がオーナー区分に全てなるのではなく、前テナントの残した設備は後継テナントが受け継ぐと理解しておかなければ、「元々この設備はあったものだから」とオーナーへ負担が回ってきます。空調や厨房設備なども、オーナーへ引き継がれたのではなく、テナントに引き継がれたので、そのメンテはテナントの負担区分です。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。