スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交渉の歩み寄り

賃貸人と賃借人の希望が相反するため、お互いの譲歩案を持ち寄り相互に問題を協議しなければならない時は、お互いに相手の希望を満足できなくても、某かの代替案を持って問題解決に対応してもらいたいものです。
一方的にこれしかだめの一点張りではなく、少しでも相手の要望に合う妥協案が必要です。
会社の方針でこれしかだめですでは、これは交渉ではなく、単なる一方的お願いでメッセンジャーでしかありません。これは営業交渉力ではないのです。
こちらの要望をお願いする時は、相手に何かを融通しながら自己の要望を大方認めてもらうのが本当の交渉術と言えます。これが駆け引きと言うものです。
我が社の希望をそのまま押し付け、しぶしぶ相手が納得しても、自らの交渉術が上手いからだと思ってはいけません。自社の要望を通すため、自らの要望をどこまで譲歩できるか線引きしておき、そして譲歩案をすり合わせることが本当の交渉です。
相手がなんだか損したなとか、何か後味が悪いなと思わないような交渉が大事です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。