スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契約更新

賃貸借契約が満期になっても、貸主・借主どちらかが契約終了の意思表示をしない限り、自動的に同じ契約条項で契約が1年なり2年なり延長されます。
ただし、一旦契約は満了しているので、敷金等の引きは満了以後の引き率でしか償却できません。

基本的には契約が満了になる間近でも、契約上の規定にある解約予告期間を守って更新しない旨の通知をしなければいけません。例えば、2009年11月末が契約満了日でも、3ヶ月前予告なら8月末までに、6ヶ月前予告なら5月末までに通知しなければならず、突然満期になるから1週間後に辞めますとはならないわけです。店舗の営業は辞めても構いませんが予告期間中の家賃は支払わなければいけませんし、オーナーから解約を申し入れた場合もテナントは予告期間の賃借の権利は残ります。
また、満期日を過ぎ新たに契約が1年始まったとしても、あくまでそれは契約の更新期間を便宜的に決めただけであって、満期経過後直ぐに解約申し入れしても問題はありません。取り決めた予告期間の経過さえ守れば良いわけです。

スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。