スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家賃より空室回避

今の時代はビル経営については、如何に空室をつくらないかがより重視されます。
家賃にこだわり続けるよりも、空きをなくしてとにかくお金を回収するやり方の方が良いみたいです。
特に複合店舗ビルでは、空室があることで施設環境を悪化させますから、オーナーや管理者は如何にフル稼働な状態にしておくか考えておかなければいけません。
とはいえ、空室対策に家賃だけ下げれば良いものではなく、リニュアルや環境整備などして、ビルのアピールをすることを忘れてはいけません。
よく言われるのは、既存テナントとの家賃に開きが出るのは都合悪いから、家賃はあまり下げるわけにはいかないとです。近隣相場と比較して家賃の改訂をする旨の契約条項があれば、これは家賃の見直しがあれば既存テナント家賃を下げることに反対できなくなります。場合によってはテナント全体の家賃を下げざるを得なくなりますから、オーナーができるだけ下げたくない気持ちも理解できます。家賃がいくらかはテナント間でも解らないはずですが、どこからともなくバレてしまうこともあります。
この問題は気をつけて対処しなければいけませんね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。