スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契約書・・・1

オーナーとテナントとの間で条件が合意し契約書を締結するについて、特殊な金銭的な取決めはできるだけ細かく記載しておいた方が後々トラブル無く済みます。
例えば工事期間中の家賃や家賃起算日の問題はよく発生することです。
水道代の請求や精算の仕方をどうするかとか、自治会費はどちらが負担するかなど、些細な金額でトラブルになることがあります。
「あの時言いました。」では言った言わないの問題になります。
不動産の通例の慣習を理解できていないオーナーやテナントもいます。
そう言う方々には慣習を理由にして交渉をできないので、はっきり契約書に記述しておくべきです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。