スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初の印象

店舗ビルのリーシングについて、来週、業務委託契約を締結します。

単なる仲介契約と違うのは、どんなテナント構成にして、どんな業種を持ってくれば良いか提案することまでするところに違いがあります。
仲介契約は、店子と家主の賃貸借契約を仲介するだけですが、リーシングの場合、どういう商業ビルにするかを提案・企画するコンサルティングが必要となります。

不動産業界には、テナントリーシングに関する内容を理解できない方がたくさんいます。特に売買主体に不動産業をやってる人だとか、住宅の販売や仲介の不動産業務を主体にした不動産会社とかです。

先般、ある方から初めて連絡頂き話しをしていましたが、その方の言う意味が最後まで理解できずに困りました。

その方は聞きました、「おたくは業者さんになるんですか?」

私は答えました。「業務の進め方や内容によって、コンサルティングになる場合もありますし、仲介業者として立つ場合があります。ですから、そちらの言う業者の意味はどこまでを意味しているのか判らないのですが、業者になると言っておいた方が判り易いかもしれません。」

「そうなんですか。じゃあ、こちらで頼まれてる物件にテナント付けしてくれることは無理なんでしょうか?」と言い出しました。

「いえ、同業の方に頼まれてテナント探しをすることもありますよ。また、こちらの顧客ニーズに合う物件情報を頼むこともありますよ。」と答えたにもかかわらず、

「そうなんですか・・・じゃあ難しいみたいですね。。。」と自分で諦めてるのです。

この方、人の言ってる意味判んないのかなと思いながら、結局は深入りせずに電話を切りました。どこかの不動産業者さんでしたけどね。なるべく丁寧にいろんなやり方があることを言うつもりだったのですが、相手がそうとは取らなかったみたいです。
ホームページやブログで大層な物の言い方をしている私ですが、仕事のことは杓子定規に考えておりませんので、何なりとおっしゃっていただいたら仕事の協力はいくらでもさせていただくんですけどね。

スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。